VIO脱毛の3種類の脱毛方法を詳しく解説

VIOというとデリケートな部分でもあるので、脱毛やムダ毛処理の方法には特に気をつかっている女性が多いのではないでしょうか。
VIOは自分の目では見えにくい場所になるので、自己処理ではなかなかきれいに脱毛できないこともありますよね。

プロにVIO脱毛をお願いした場合は、どのような方法があるのでしょうか。
それぞれのメリットとデメリットも合わせて紹介します。

脱毛サロンの光脱毛で行うVIO

光脱毛とは、エステサロンでは主流となっている脱毛方法です。

メラニン色素のみに反応する光を当てることで、毛根にダメージをあたえ、毛が抜けるようにします。光脱毛をすると、体の新陳代謝の働きと共に数日後から数週間かけて脱毛した箇所の毛が自然に抜け落ちます。

しかし光脱毛は肌から見えている部分の毛にしか働かないので、毛の発育周期に合わせて何度かサロンに通う必要があります。VIO脱毛で毛をなくしたい場合は1年から5年ほどはサロンに通うことになります。

金額としては毛がほどんど生えてくるまで通うとすると2~10万円で施術してもらえるサロンが多いです。金額はサロンによってピンからキリまでありますが、キャンペーンを上手く利用することで価格を抑えることも出来ます。

光脱毛のメリットは、レーザー脱毛に比べると比較的安価に脱毛出来る点ではないでしょうか。施術時に感じる痛みも弱く、少しピリッとする程度です。

デメリットは、毛がほとんど生えてこない状態を目指すのであれば何年間かはサロンに通わなければならないことです。引っ越しの予定がある人は、全国展開しているサロンと契約することをおすすめします。

医療クリニックのレーザー脱毛で行うVIO

レーザー脱毛とは、医療クリニックのみで受けることの出来る脱毛方法です。美容外科や美容皮膚科で受けることが出来ます。

メラニン色素のみに反応するダイオードレーザーを当てることで、毛根を焼いて脱毛します。光脱毛に比べるとパワーが強いので、短期間で永久脱毛することも可能です。

一度の施術でも毛が目立ちにくくなったという声もありますが、細い毛や産毛にはレーザーが反応しにくいので、永久脱毛を希望するのであれば何度か施術を受けなければなりません。

レーザー脱毛でほとんどのムダ毛を生えてこないようにするためには、1年~1年半ほどクリニックに通う必要があります。金額は10万円前後のクリニックが多いでしょう。

レーザー脱毛のメリットは、短期間で確実に脱毛効果が得られることです。
デメリットは、光脱毛に比べると少し痛みが強いことです。伸ばした輪ゴムでパチンとはじかれるような感覚があります。また、金額が光脱毛よりも高い傾向にあります。

専門サロンで行うブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、専用のワックスをアンダーヘアに塗り、そこにシートを張ってはがすことで脱毛する方法です。近年ではブラジリアンワックスを専門でやっている個人サロンも増えてきています。

ブラジリアンワックスは毛根から毛を抜き取るので、施術後は肌がツルツルになります。しかし、永久脱毛の効果はないので、しばらくするとまた毛が生えてきます。

ブラジリアンワックスを続けることで毛が薄くなったという声もありますが、科学的根拠はないそうです。
費用は1回5000円~1万円ほどで施術してくれるサロンが多いです。

ブラジリアンワックスのメリットは、気軽に施術が受けられることです。一度施術を受けてもまた毛が生えてくるので、VIOラインの形をその時々で変えたい人にもおすすめです。

デメリットは、毛の生える周期に合わせて再度毛が生えてくることです。永久脱毛を目指す人には不向きといえるでしょう。

VIO脱毛をプロに施術してもらう場合、上記の3点が主な施術方法になります。金額や施術にかかる期間なども踏まえた上で、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。VIO脱毛を始めるならこちらのサイトがおすすめ⇒ http://www.ivotedmap.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする